Blog&column
ブログ・コラム

不動産売買をしたら確定申告は必須?

query_builder 2021/11/08
コラム
30
不動産売買をしたら確定申告をしなければならないというイメージがありますが、必須と言うわけではありません。
今回は、その理由についてご説明します。

▼不動産売買における確定申告の必要性
不動産売買では、内容によって確定申告すべきかどうかが決まります。

■不動産売買で確定申告が必須なケース
不動産売買で確定申告が必須となるのは、不動産売買によって売却益を得た場合です。
買った時よりも高い値段で不動産を売却すると、差し引きプラスになり、譲渡所得を得たとみなされます。
この譲渡所得への課税分を正しく納税するために、確定申告が必要というわけです。

■不動産売買で確定申告が必須ではないケース
不動産売買をすれば、絶対に譲渡所得が得られるというわけではありません。
というのも、売却時に不動産の価値が大幅に下がっていた場合は、不動産の取得額の方が多くなり、差し引きでマイナスになるからです。
昨今は空家が増加しているため、1円や0円でさえ買い手が見つからない住宅もあり、大幅なマイナスになる事もあるでしょう。
この場合は、不動産売買による譲渡所得を得ていないため、納税義務が発生せず、確定申告をする必要はありません。
ただ、不動産売却で損失が出たと確定申告をすることによって、所得が減ったとみなされます。
その結果、所得税や住民税が減りますので、マイナスになったときにも確定申告をしておくのがよいですね。

▼まとめ
不動産売買で売却益を得た場合、確定申告は必須ですが、損失が出た際にも行っておくのがよいでしょう。
損失の場合、原則として確定申告の必要性はないものの、他の納税に影響を及ぼすとなれば、やっておくメリットはありますね。
弊社では不動産売買に伴う確定申告のご相談も承りますので、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 築年数での耐震基準の見分け方

    query_builder 2022/01/15
  • 物件探しにおすすめの時期とは

    query_builder 2022/01/01
  • 任意売却の流れについて

    query_builder 2021/12/15
  • 土地購入で課せられる税金にはどんなものがある?

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE