Blog&column
ブログ・コラム

中古の戸建てのメリットとデメリット

query_builder 2021/08/15
コラム
19
家を購入する場合、建売や注文住宅が一般的だと思われていますが、近年は中古の戸建て購入するケースが増えています。
中古の戸建ての魅力とは一体どんなものなのでしょうか?
今回は、中古の戸建てのメリットとデメリットをご紹介していきます。

▼中古の戸建てのメリットとデメリット
■メリット
中古の戸建てを選ぶメリットは以下があります。
・費用が抑えられる
・実物を確認できる
・立地の選択肢が多い
・水道負担金がいらない
中古の戸建てなら、建売や注文住宅に比べて費用がかからないなど、さまざまなメリットがあります。
また、実際の戸建てを目で確認できることから、注文住宅のようなイメージとの相違がなく、間取りや広さを実際に体感することができます。
駅の近くや交通機関とのアクセスが良好な立地も多く、生活スタイルを確立しやすいのが魅力です。

■デメリット
中古の戸建てには、以下のようなデメリットがあります。
・修繕コストがかかる
・仲介手数料がかかる
・耐震や地盤が不安がある
中古の戸建ての場合、築年数によっては修繕コストが多くかかる場合があります。
また、近年人気が高いリノベーションで大規模な設備変更を行うと高額になるケースもあるため、事前にリフォーム費用や修繕費用の見積もりを取ることが重要です。

▼まとめ
中古の戸建てのメリットとデメリットをご紹介してきました。
購入を検討される際は物件の費用だけでなく、修繕・リフォームコストを視野に入れておくことが大切なポイントです。
弊社では、お客さまに満足していただける物件を多数ご用意しております。
物件の取引や管理など、幅広い分野のお悩みに対応していますのでお気軽にご相談ください。

NEW

  • 不動産の取得税はどれくらいかかる?

    query_builder 2022/11/02
  • ローンが残っていても不動産買取先は見つかる?

    query_builder 2022/10/01
  • 住宅ローンの選び方について

    query_builder 2022/09/03
  • 住宅ローンの審査に落ちる理由とは?

    query_builder 2022/08/05

CATEGORY

ARCHIVE